極濃青汁の口コミ※子供の野菜不足の解消に青汁を飲んでみました♪

普通に生活してても野菜不足になることもありますよね。だからって、野菜をモリモリ食べるのも現実的じゃないし。そこで、野菜不足解消のために青汁を飲んでみました。

青汁で子供の野菜不足は解消できるか?

極濃青汁の口コミ※野菜不足解消のために青汁を飲んでみた

こんにちは、ミハルです。
家事に育児にパートに、ドタバタしながらも充実した毎日を過ごしております。

ただ、気がかりがひとつ。

10歳になる娘が、とにかく野菜嫌い。几帳面に野菜だけ残すんですよ。うまいこと。私も野菜が苦手なので、あんまり言えないんですけど、とにかく野菜を食べようとしないんです。

だからって、無理やり食べさせても、余計に嫌がるだけだろうし。。。

そこで考えたのが青汁でした。娘の健康が心配だし、私も40歳手前で肌がカサカサしてきた気もするし。。。

良さそうなら娘と二人で続けようかと思いました。

極濃青汁の体験談

野菜ジュースとかグリーンスムージーとかも考えました。こっちの方が、青汁よりも飲みやすそうですよね。

けど、野菜ジュースには、飲みやすくするために糖分が入ってて、野菜の摂取量は補えても、糖分の摂りすぎになりそうな気がするし。

グリーンスムージーは、ユーチューブで作り方とか見ましたけど、あんなの毎朝やってられないし。おしゃれでかっこいいけど、現実的に無理。

野菜不足を補って、それでいれ楽そうなもの?

こういうのって、続かないと意味がないですよね。
サッと飲める青汁が一番いいと思いました。

ただ、「青汁」と言っても種類がたくさんあります。ぶっちゃけ、青汁って、ドラッグストアにも置いてますよね。

たくさんある青汁の中で、「極濃青汁」に決めたのは、製法のこだわりと配合された成分の豊富さです。

⇒「極濃青汁」をおすすめする理由

コラーゲンとか乳酸菌150億個とか葉酸とか。聞いただけで、お肌プルプルでお腹もスッキリしそう。もちろん、大麦若葉、ケール、人参、大根、パセリ、ゴボウなど、22種類の野菜も入っていますよ。

「野菜不足を補って、そのうえ美容にもいい」って感じでしょうか。

⇒結局、野菜不足だと何が悪いの?

酵素を生かす製法?

届いた青汁を、娘と二人でさっそく飲んでみます。あ、迷ったんですけど、定期コースで購入しました。初回購入価格の安さに負けまして。。。

⇒「極濃青汁」の最安値はどこ?

飲む前に、ちょっと気になったことを試してみます。

ホームページに、「うちの青汁は酵素が生きてるので振ると泡立つ」みたいなことが書いてあったので、さっそくシャカシャカ振ってみました。

うん、ほんとに泡立った。でも、、、

「他の青汁で試したことがない!」

さらに、

「泡立ったから酵素が生きてるでしょ?」って、よくわからないぞ!

まぁいいや、そこは信じよう。

「極濃青汁」を飲んだ実感

水に溶かして飲んでみます。

⇒「極濃青汁」の飲み方

飲んでみると、拍子抜けでした。

「極濃」っていうくらいだから、もっと草っぽいっていうか、「野菜くさくて、まずいんだろうな」って、覚悟してました。

でも、すっごく飲みやすかったですよ。

何の抵抗もなく飲めました。お茶飲んでるみたいな感じで。覚悟を決めて飲んだ娘も、「あれっ?」って、顔してました。

「これなら、娘と一緒に、無理なく続けられるな」って、思いました。



極濃青汁の口コミ

他の方の口コミレビューをまとめてみました。

A.Hさん(30代女性)

「すごく、おいしいいです♪」とは言えませんが、野菜が嫌いな私でも抵抗なく飲める味でした。コラーゲンが入っていたり、乳酸菌が150億個も入っていたり。嬉しいかぎりです。毎朝の習慣になっています。

T.Yさん(40代女性)

味の癖がないので、牛乳や豆乳、ヨーグルトなどに混ぜて飲んでいます。野菜が嫌いなうちの子も、これなら喜んで飲んでくれます。野菜不足の解消になりそうです。

G.Oさん(30代女性)

野菜不足を補うために飲んでみたんですけど、慢性的に良くなかったお通じが良くなってきた気がします。

R.Kさん(20代男性)

社会人になって一人暮らしを始めてから、外食が多くなりました。野菜系の栄養はこれで補っています。一人なので野菜を買っても余らせてしまうだけですから、助かってます。

E.Sさん(20代女性)

野菜不足を補うために買ってみたんですけど、粉っぽいのが私には合わなかったみたいです。青汁が全般的にあわないのかもしれません、ちょっと残念でした。

S.Aさん(20代女性)

「非加熱製法で酵素が生きている」というのに惹かれて購入しました。迷ったんですけど、定期コースにしました。野菜が摂れる上に酵素や乳酸菌、コラーゲンまで摂れるのはうれしいです。ちなみに、シェイカーを振ったらほんとに泡立ちましたよ。

極濃青汁の基本情報

極濃青汁の基本情報をご案内します。

極濃青汁※生搾り製法

販売元株式会社ノルト
主原料国産(九州産)大麦若葉(農薬不使用・無添加)
価格(税抜)定価3,980円
※お試し1箱:3,980円⇒3,680円
※定期コース
初回3,980円⇒1,390円     2回目以降3,980円⇒3,582円
内容量3g×30スティック
原材料名乳酸菌150億個、22種類の野菜、生きた酵素、食物繊維、コラーゲン、難消化デキストリン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6,ナイシアン、ビタミンC、クロロフィル、ポリフェノール、ビタミンE、鉄、葉酸
支払い方法クレジットカード・代金引換

極濃青汁をおすすめする理由

私が極濃青汁に決めた理由&極濃青汁をおすすめする理由がこちらです。

無農薬・無添加の国産大麦若葉だから、安心です

国産、なかでも九州産の大麦若葉だけを使用しています。もちろん、無農薬で無添加。保存料、着色料、香料、甘味料を使っていません。

娘と飲むので、農薬や添加物が入っているようなものは論外でした。せっかく嫌いな野菜をとるんだから、自然な良いものを飲みたいですし。

非加熱活性保存製法だから、酵素が生きています

酵素は熱に弱いので、加熱すると死んでしまうそうです。たいてい青汁は熱を加えるんですけど、極濃青汁は非加熱活性保存製法です。だから、酵素が生きています。

美容にも健康にも、酵素は必須です。娘には生きた酵素を飲ませてあげたかったので。もちろん、私も♪

生搾り製法だから、栄養の吸収性がすごいです

栄養素とか酵素は、「細胞壁」っていう膜に覆われてるんですって。粉々にするだけ(粉砕製法)では、この膜がちゃんと壊れないので、吸収性が悪いんだとか。生搾り製法はしっかり膜を壊すので、栄養素や酵素の吸収性が良いそうです。

せっかく飲んでも、そのまま排泄されたらもったいないですからね。

★ ★ ★

「無農薬・無添加」の素材を、「生搾り製法」で栄養を吸収しやすくし、「非加熱製法」で生きたままの栄養素を飲めるようにする。「こだわってるなぁ」って、思いました。

詳細は公式サイトでご確認ください。

「極濃青汁」の最安値はどこ?

極濃青汁は、どこで買うのがお買い得なんでしょうか?
アマゾン、楽天、ヤフーショッピングと公式サイトを比較してみました。

極濃青汁の最安値はどこ?

アマゾンとヤフーショッピングは、定価のまま。楽天市場と公式サイトは、どちらにも同じくらいの値引きがあり、定期購入コースもあるようです。定期コースも含めて、安く買えるのは、公式サイトか楽天市場です。

私は公式サイトで買いました。楽天の画面のゴチャゴチャした感じがなんとなく苦手で。公式サイトの方がホームページが見やすかったので、公式サイトから購入しました。

なので、公式サイトをご案内しますね。

「極濃青汁」の飲み方

水100mlにスティック1本を溶かして飲むのが、基本の飲み方です。冷たいお茶を飲む感じですね。朝食のときに飲むと良い感じです。

おいしい青汁の飲み方

応用としては、牛乳や豆乳に溶かして飲んだり、ヨーグルトに混ぜて飲んでいる人もいるようですよ。

注意したいのは、お湯に溶かさないことです。

せっかく非加熱製法で生きていた酵素が死んじゃいますからね。キンキンに冷やす必要はないですけど、あったかいものに溶かすのはやめた方が良さそうです。

結局、野菜不足だと何が悪いの?

今更ですけど、野菜不足だと、どんな不都合があるんでしょうか。

野菜不足でおこる症状で、貧血や便秘、肌荒れは有名です。その他の症状には、肥満や高血圧、精神面での不調があります。

肥満

便秘になるのはもちろんですが、野菜不足だと、脂肪分が分解されにくくなるようです。分解されない脂肪分が便秘のために体内に残ります。つまり、太ります。

高血圧

野菜の成分には、塩分を排出する作用もあるそうです。とくに、野菜不足のうえに味付けを濃いめにしているなら、余分な塩分が体内に蓄積して、高血圧になる可能性が高くなります。

精神面の不調

ビタミンやミネラルって、精神を安定させる作用もあるそうです。野菜不足になると、イライラしたり、うつ状態になってしまう可能性もあります。子供に落ち着きがない場合は、もしかしたら野菜不足だからかもしれません。

★ ★ ★

私と娘は、毎朝の習慣になりつつあります。

寝坊して朝食を飛ばすときも、「ダイエットだぁ!」とか言って朝食を食べない時も、極濃青汁だけは飲むようになりました。

薬とか何かに特化したサプリとかってわけではないので、劇的に何かが変わったなんてことはありませんが、毎日元気に過ごすことができています。

それだけで幸せかなって思います。



運営者情報